FC2ブログ
まさしく不倫の典型的なケース
べっきーさんの不倫騒動

ロッテ、カード出す気にもなれないけど

これってまさしく典型的な不倫パターンじゃね。



きのこ頭のあの男。

べっきー

奥様

ラインを流出した人物



ここで一番タチが悪いのは

ラインを流出した人物だとロッテは思う。



そこはおいといて


このきのこ頭の女クセは

止まりませんね。



べっきーさんは

きっときのこ頭から

「妻とは関係が終わっている」

なんて言われちまってたんじゃないかと




ロッテは、このブログで奥様を地獄の底に落とした旦那のことを

こきおろしておりますが


こきおろすのは

こういう男の心理のため。



でないとべっきーさんは

あそこまでラインで強気になれないと思うのです。

(あくまで予測)




妻とは関係が終わっているのだったら

離婚してから、きちんと身を綺麗にして言えよ。


その騒動がおっそろしくて、浮気相手にいいこという神経が

ロッテには

シリアアホ移民と同じくらいに頭にくるのです。



シリアアホ移民のずーずーしさ

己の立場をわかっていたら、あんなにずーずーしくできんだろ。



そうです。

頭のおかしい亭主はシリアアホ移民と同じ。

よりよい環境だと錯覚して簡単に考えるのです。



シリア(奥様との生活)

ヨーロッパに行けばいい暮らしが待っている
(不倫相手)


アホじゃねえの。



デンマーク
財産渡せ。でないと受け入れへんで
(慰謝料)


てなことかな。


お国柄が違うので、中東の方のメンタリティについては

どうしようもできないけど

まあ、あの根性は治らんで。


・・・・


ちなみにね

財産のある難民なんていないの

難民は財産もなくって着の身着のまま逃げてくる人たちなの。


難民と偽って金もって入ってきて

お国のお金で暮らそうという根性だったら

持っている財産渡せ

ってなるのは当然じゃん



人の命をどう思っているのっきー

とお考えの方は

ご自分のおうちでかくまって差し上げてくださいねー

偽善と愛は違うっすよー



[2016/01/31 01:02 ] | 不倫 | コメント(0) | トラックバック(0) |
不倫についての考察6
ロッテは世界の情報機関だの紛争史だのマフィア史だの大好きだから、

どうしても、

不倫イクオール「スターリングラードの戦い(しつこい)」

と思うのだ。

ご自分との闘いでもあることは忘れてはいけないよ。

亭主が言っていることは嘘っぱち

信じてはいけません。

そんなマッチ売りの少女の読みすぎのような状態にならないでください。

信じてあげたいの

はさらに騙されます。

嘘をどこまで見抜くか

これは、奥様以外にできない技なのです。

そのための分析として、タロット鑑定をロッテは行います。

話し合いをして向き合いたいの

そんなのも不倫の真っ最中の亭主には無駄っす。

まずは情報戦

ソ軍になるのです。

女はみんな恐ろしいから、大丈夫

十分ソ軍になれますよ。

Hannah Jones - And I Am Telling You (Almighty Mix)

この曲、大好きなんだけど(ノリが)、原曲はしずかーな曲っす。

原曲で聴いたら、沈没するからダメっすよ。

「私はあなたを信じるの。ぶたれても、あなたを失いたくない」

みたいな歌詞っす。

失いたくないから、悩むのです。

ご自分に正直に。

必ず、夜明けはきます。

ロッテ応援するから。



[2014/11/15 05:40 ] | 不倫 | コメント(0) | トラックバック(0) |
不倫についての考察5
「主人が帰ってきたら、ごちそうを作って待っていて、ニコニコしておくようにと言われました」

だれにー!?

断っておくが、由奈さんじゃないぞ。

由奈さん、そんなあほなこと言わんぞ。

しかし、それは、一理ある。

亭主が

「お前のせいだーお前がこうだからああだから」

と叫んだら

聞き流しなさい。

お経を耳にもくまなくロッテが書いて差し上げます。

亭主の暴言に対抗して

コーランを唱えなさい。

コーランを唱えるのを見て

とーとーおかしくなった、と思われるのがいやならば、お経を唱えなさい。

決して

⇒のほほをたたかれたら

←のほほまでも出してはいけません。

そんな精神はいりません。

スパイ活動をするにあたり、

「主人が帰ってきたら、ごちそうを作って待っていて、ニコニコしておくようにと言われました」

は一理あります。

亭主の様子を探るにはよいでしょう。

それぞれのご夫婦に、それぞれの形があるので、何ともいえませんが、

それはタロットで鑑定しないとわかりません。

しかし、情報機関モサド、MI5、SIS、KなんとかB、CIAに一度はなるのです。

モサドもSISも優秀です。

世界に誇るモサドですが、モサドのイスラエル、自爆しています。

自爆するまでせんでよろしい。

そのあと、スターリンを目指すのです。


申し訳ない、ロッテ、こんな比喩でしか表現できないっす。







[2014/11/11 07:22 ] | 不倫 | コメント(0) | トラックバック(0) |
不倫についての考察4
ロッテ、不倫カウンセラーではないが、

不倫カウンセラーみたいになってきた。

急な鑑定になってしまいましたが、

考察

亭主が不倫で、奥様に暴言をはく。

奥様

本気にしてはいけません。

亭主は

女との不倫の邪魔をされたくないだけです。

邪魔をされたくないから

暴言を吐きます。

ちなみに嘘も一杯つきます。

タロットしていて、総合的に考えると、そのような傾向多々あります。

じゃあ、どうしましょうか。

ニコニコ笑っておかえりなさい

って言えるかよってんだ。

これは、ご夫婦の関係にもよるので、それこそタロットで鑑定をせねばならないのですが、

何も怖がらなくてもよろしい。

いいですか、

CIAだのKなんとかGだの、モサドだのは

いきなりばちーんとすることもあれば、時間をかけてスパイ活動もしているのだ。

いいですか

前線では、目の前の敵も倒さないといけないけど、

補給を断ち、そして情報戦での戦いがすべてなのだ。

スターリングラードの戦いのように

いきなりドイツ軍が快進撃しても、ソ軍は、しっかり低力をつけ、

時期を見て(冬ね)包囲陣をしき、ドイツ軍を壊滅に追い込んだ。

泣いてばかりではすすまない。

補給を断つには、あなたも働け。

情報を集めろ。

胸に勲章をつけ(あなたは人間なのだ!奴隷ではない)、地図を書き(ご自分をまず見るのだ!)、地下壕の中で

作戦を練るのだ。

そしてロッテはタロットであなたに勇気を与える。

あなたが、前線の弾が飛び交う中、力尽きそうなときには

タコツボに潜って、通信電話で

「ホキュー!補給!ほきゅー!」

とロッテにおっしゃっていただければ

ロッテはいつでも、タロットであなたのために心の補給を行う。


怖くはない。

あなたの妻のプライドと意地をかけた戦いの末、

やり直そうが、離婚しようが

それは、あなたの手の中に全てある。



[2014/11/08 23:00 ] | 不倫 | コメント(0) | トラックバック(0) |
共同コラボ
8月に行った共同コラボでのテーマ

それは

不倫



今回は不倫疑惑をお持ちになった奥様より

お話を要約すると

・単身赴任していたご主人から一方的に離婚宣言された

・仕事も辞めて単身赴任していた土地に戻ると冷酷な、そして一方的な宣言もされた(そのほかロッテもぶっ飛びそうな発言あり)


奥様ご自身はモラスハラスメント気味のご主人に以前から遠慮をしていらした

・奥様は「は?」

・お子様もいるご主人なのに、奥様に一方的な宣言をし


そりゃ、




って浮かぶわな。



てなもんで、J子様


あなたのために


いったいご主人、どういうことなのか、何をとち狂ったのか



ケルト十字で

さあ行くぞ



現状


ソート9

ソート9正


障害

ワンドキング

ワンドキング正

顕在意識


太陽

太陽逆

潜在意識

ワンドクィーン

ワンドクィーン逆

過去

ペンタクルス2

ペンタクルス2正

近未来

ペンタクルスキング

ペンタクルスキング正


本人の状況

カップ1

カップ1逆



周囲の状況(この場合奥様)

カップ7

カップ7正


対策・願望


ソート3

ソート3逆

結果

星

星正



ぶっちゃけ申します。


ご主人には女の影はあります。しかし、それはお二人の現在の状況にはそこまで関係ございません。

タロットがロッテにバンバン強調していたのは


「女性がいるからではなく、もともとあなたとご主人の関係が問題なのです」


ということっす。


女は副産物。


女が原因でご主人がとち狂ったのではなく、
女性はいるでしょう。でもそれは、ご主人にはきっかけの一つでしかありません。


もともとのお二人の関係が問題があるから、こうなった。

と暗示しております。


奥様は奥様として、きちんと家庭をご自分で守っていらっしゃった。


ご主人はご主人で家庭を守っていらっしゃった。


そこは間違いございません。


問題は、この冷酷ご主人は



「俺を立ててくれない。いいもんねー、ちやほやしてくれる場所にいっちゃうもんねー」


てなもんです。


相性云々の問題ではなく、長年たまったものがこういう形で出てきた。


ということです。



奥様が遠慮なさって、なかなか口に出せなかった、ご主人は「いばりんぼ」。



威張っているにもかかわらず



「立ててくれない」



そりゃ、ねえだろ!


と思うでしょう。


そこの食い違いが問題となって表れた。

ご主人は、今は止めても行かれるでしょう。新天地に。


その準備もなさっているのが近未来でも伺えます。


女の存在をバンバン出してはこず、


お互いのコミュニケーションや、ご家庭での夫婦の立ち位置がずれてしまった。


それを、暗示している結果となりました。


様は大変真面目なしっかりなさった方です。お子様に対しても、ご主人のご家族に対しても責任感をお持ちです。


しかし、ご主人は、そんな奥様のご苦労は目に入らず、ということでしょうか。


奥様、まずはご自分だ!



憂いのあるマダムを目指すのだ!



頭のよい方ですので、しっかりと自立されますように!


辛口御免!



演歌は歌うな!



マイウエイを歌うのだ!



あなたは本当は素直な方っすよ!



P.S.
この奥様は大変素直な方でして、ご自分でも悩まれたかと存じますが、気分の切り替えに努められました。

ミラクル

がそのあと起こっています。


頑張れ奥様!




[2014/10/11 03:19 ] | 不倫 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>