FC2ブログ
生きること
鑑定を行っている中で

「死んだぼうがましだ」

という言葉をきくことがあります。

ロッテ、怒っちゃうけど。

「罰あたり」

これっすよ。

御仏はあなたに乗り越えられない課題は与えません。

だから皆さんの悩みの沸点が違うのです。

カルマかどうかは知らんが、

今を精一杯生きてください。

ロッテが個人的に死に行く方で凛々しいと感じたのは

国とご家族を守るために旅立たれた方たちです。

甘い!

飢え死はさすがに仕方がないが

ロッテの顧客の方では

重い病気を抱えても

お子様のために必死で笑顔を絶やさず

生きる母もいらっしゃいます。

彼女の恐怖を考えてごらんなさい。

時限爆弾を抱えているような生活。

どれほどつらいか。



女とはもともと強い生き物。

「この女なんです。っきー」

と頭の悪い亭主どもの女の写真を見たことが何度もあるロッテですが

「け」

ぐらいにか思わない。

正直言って綺麗だの可愛いだの思わない

「この程度で」

と思うだけ。

奥様のほうが綺麗だった。

若いだけじゃーん

ロッテ、その辺の程度の子を美人とは心から思わない。


ロッテ、もっと美人見慣れてるから。

知的な美人に囲まれて仕事してたから。


あなたの身体と精神はあなただけのもの。

大事にしましょうね。



スポンサーサイト



[2014/12/21 00:21 ] | あの世 他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<放蕩息子が帰ってくるか2 | ホーム | 放蕩息子が帰ってくるか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://rottelilienthal.blog.fc2.com/tb.php/328-d6ac08b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |