FC2ブログ
不倫についての考察4
ロッテ、不倫カウンセラーではないが、

不倫カウンセラーみたいになってきた。

急な鑑定になってしまいましたが、

考察

亭主が不倫で、奥様に暴言をはく。

奥様

本気にしてはいけません。

亭主は

女との不倫の邪魔をされたくないだけです。

邪魔をされたくないから

暴言を吐きます。

ちなみに嘘も一杯つきます。

タロットしていて、総合的に考えると、そのような傾向多々あります。

じゃあ、どうしましょうか。

ニコニコ笑っておかえりなさい

って言えるかよってんだ。

これは、ご夫婦の関係にもよるので、それこそタロットで鑑定をせねばならないのですが、

何も怖がらなくてもよろしい。

いいですか、

CIAだのKなんとかGだの、モサドだのは

いきなりばちーんとすることもあれば、時間をかけてスパイ活動もしているのだ。

いいですか

前線では、目の前の敵も倒さないといけないけど、

補給を断ち、そして情報戦での戦いがすべてなのだ。

スターリングラードの戦いのように

いきなりドイツ軍が快進撃しても、ソ軍は、しっかり低力をつけ、

時期を見て(冬ね)包囲陣をしき、ドイツ軍を壊滅に追い込んだ。

泣いてばかりではすすまない。

補給を断つには、あなたも働け。

情報を集めろ。

胸に勲章をつけ(あなたは人間なのだ!奴隷ではない)、地図を書き(ご自分をまず見るのだ!)、地下壕の中で

作戦を練るのだ。

そしてロッテはタロットであなたに勇気を与える。

あなたが、前線の弾が飛び交う中、力尽きそうなときには

タコツボに潜って、通信電話で

「ホキュー!補給!ほきゅー!」

とロッテにおっしゃっていただければ

ロッテはいつでも、タロットであなたのために心の補給を行う。


怖くはない。

あなたの妻のプライドと意地をかけた戦いの末、

やり直そうが、離婚しようが

それは、あなたの手の中に全てある。



スポンサーサイト



[2014/11/08 23:00 ] | 不倫 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<不倫についての考察5 | ホーム | 私っておかしいんでしょうか←おかしくねぇよ その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://rottelilienthal.blog.fc2.com/tb.php/317-647c944e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |