FC2ブログ
最強のおばちゃん←でもこんなのになりたくない
ロッテの住んでいるマンションが一室空いた

ロッテも興味がある物件だったので、見に行った

不動産屋のおじちゃんは顔見知りなので、

ロッテが少し見ることを許してくれた。




そのとき、見にいらしたお客様

ロッテはすぐに退散しようとした

ご迷惑になったらいけないからね




さて

近所に最強のおばちゃんがいる

どこでもいる

・全住人の家族構成を知っており

・住人のご職業、学校(私立か公立か)、収入を知りたがり(なぜだか知っている)

・とにかく噂話が好き

・花壇があるが、自分が好きなように花を植え



・・・・・以下からはロッテとの繋がり

・散歩させていた猫に、花壇を荒らされた!(猫は花をむしったりしない)
とロッテ宅に怒鳴り込み、そのままロッテと世界大戦突入

・そのとき「あなたの猫がこの花をむしった」と花を見せつけたので

「証人をいまここに連れてこい!

いますぐに連れてこい!」

と恫喝 (イメージはぷー様で)

猫がこんなに器用に花をむしるかっつうの




「てめーの花壇じゃねえんだ、この中庭は共有地や

私なしで猫を勝手に散歩させたことがあるのかよ

いっつも見張っとるわい」



おばはんがわめくので



「だったら全ての家の管理費はらってから言わんかい

なんなら管理会社にお手紙だしたってもええで

あんたちゃんと文章かけるか

私が書くで

反論あらへんな」


とさらに恫喝 (イメージはスターリンのおじちゃん)



おばちゃん、逃走

その後、おばちゃんとは普通に接している




他の住民に

「ロッテさん、あなたはすごい、あの人と同等に立ち向かえるとは」

と言われたことあり



おばちゃんも可愛げのあるところがあるので、

まあ、いいや とお付き合いはしている



話はそれたが

おばはんがなぜだか

なぜだか

なぜだか

そのおうちに突入してきた


ロッテもぼーぜん

みんなぼーぜん


そして、おばはんは

おうちにいちゃもんをつけていた

見にいらした方がいるのに



ぎゃー

さすがのロッテも止めに入る隙間もなく

全員ぼーぜん



我に返った不動産屋のおじちゃん

さすがに猛烈におばちゃんを追い出した


当たり前だっちゅうの


不動産屋のおじちゃんが

「ロッテさん、すみませんが、あの方どこにお住まいなんですか」

ときいてきたので、

お客様がお帰りになった後

不動産屋のおじさんを

ご丁寧にお宅までお連れし

「ここに住んではるで

商売妨害はあかんなぁ」





辛口御免!

このようなおばはんには

ならないようにしましょう



ちなみに、おばはんは、ロッテが占い師だとは知らない

はじめっから嘘ついてるもんねー

けーっけっけっけ


ご主人は大人しい方なのにね。。



ちなみに、そこが空いたと知ったのは

そこにお住まいだったお綺麗なお姉さんが

出て行くときに

ロッテに「いつも仲良くしてくれてありがとう」と鉢植えをくださったから


おばはんは、自分が仲良くしていると思っていたようで

「あの子はどうして黙って出て行ったの!!」

とわめいていた


スポンサーサイト



[2016/12/08 19:35 ] | ブログ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |