FC2ブログ
コラボ 鑑定その一
ロッテっす。

久しぶりっす。

コラボの鑑定と、由奈さんの愛犬があの世に行ってしまい(お悔やみ申し上げます)、バタバタしておりました。

ペットが亡くなるのはつらいっすよ。

姿が、触っていた感触がなくなるのだから。

悲しみに対する薬はない。あえていうならば時間。

でもね、ペットはそばにしばらくいます。姿はなくても。そばにいるのさ。

ロッテが見送った猫ちんたち、しばらくアピールしていたよ。



さて、コラボ。沢山の方からご応募いただきました。

ありがとうございます。

そのため、ロッテも忙しくしておりました。由奈さんも激務の合間にカウンセリング。

今回、愛犬を亡くし、傷心の由奈さんだけど、、、笑いを取らずにはいられない鑑定ご応募も。


ご本人のご了承も頂いております。



「夫婦そろって、すわっぴXグが趣味なのですが、


私達は異常なのでしょうか」




こいつら、ふざけてんじゃねぇのか、と最初ロッテは思ったさ。

でも、お金を頂くわけっすよ。

ふざけているんじゃねぇよなぁ、と由奈さんとも連絡を取り合い。。。ロッテはいいっすよ。こんな性格だから。

大人の魅力満載の優しい由奈さん、、、大丈夫っすか?


コラボでの当選者(無料)K様

K様の鑑定内容に関しては、まだアップできないので、他の方から(有料で鑑定を行った方)からさせていただきます。


いやはや、今回はスワなんとかの相談が強烈だった。不倫の相談に扱い慣れた私達。不倫がなんじゃい!と思ったさ。

上には上がいるもんだ。


全国のホストの皆さんもタジタジだろうと思う。




さて、有料でお受けした方。その一。J様


不倫問題。奥様側ね。

Jさんのクソ旦那が、女と旅行に行くとのこと。

J様はご存知なんだけど(旅行)、クソ旦那はJ子様には黙っている(バレてんのに)。

詳細はここまでにしておこう。

鑑定内容は

「女と旅行。この2人のその後は」

とのことであった。


J子様に「とってもおつらい気持ち、わかります。わかりますが、ご主人がスワなんとかに参加されると想像なさったら、いかがでしょうか」


ときくと「そっちのほうがマシ」って。。。。。

そうっすか。わかりました、とカードを切った。

さあいくぞ。


ケルト十字


現在
ソート10

ソート10逆

ウキウキです。苦しい時期を乗り越えて。。。。。やっと。。。。なんじゃこりゃ。J子様。。

障害

ナイトカップ

ナイトカップ正

J様、この旦那さん、結構本気ですね。そしてロマンティックに浸っています。

アホじゃねぇか。この旦那。妻子がいるじゃねぇかよ。

顕在意識

審判
審判正

・・・・本気だ・・・

潜在意識

ペンタクルス4

ペンタクルス4逆

なんだか執着していますね。この相手の女性に


事情を伺っているからわかるんですが、ただじゃ離さない。って感じです。相手の女性を所有物と思っている節が暗示されています。


過去

正義

正義正

「この人だ」と思ったのでしょうね。

近未来

ペンタクルス9

ペンタクルス9逆

なんだか援助交際みたいになっていきます。そして金銭的にも問題が出てきます。

彼の状態

ナイトワンド

ナイトワンド逆

この人、自分中心の人ですね。嫉妬深いし。

不倫の鑑定をするとき、割とこのカードが出るんです。自分勝手なのでしょうから、仕方ないですね。


本人の環境

ペンタクルスキング


ペンタクルスキング逆

あのですね。カードを今回出して思ったのですが、このクソ旦那(ご本人のご了承は頂いております)自分勝手この上ない。

金とロマンティックと女をゴチャゴチャにしています。

金があれば、という主義なんでしょうね。

ご本人は「真実の愛」と思っていますが、金に結構汚いですね(J様からも伺っております)。


対策、願望
ペンタクルス3

ずばり「結婚」です。

この旦那、家庭を捨てる気でいます(現在のところは)。


だんだん人様のことながらハラが立ってきた。

結果

戦車

戦車逆

うまくいきませんね。空回りです。


J様に関しては今後も鑑定を続けていくこととなりました。

ちょっと時間がかかるでしょうね。

旦那は金がある→いい気になっている→相手に本気なんだけど、金を持っていることにさらに拍車がかかり、金なのか、女なのか、女への愛情なのかゴチャゴチャです。


J様、悲しんでいることより美しくなるのです。

美しい魅力的な方なのですがら、余裕を持ちましょう。

お気持ちわかります。タオルを持って泣いていらっしゃったJ様。

ロッテ味方っすから。



スポンサーサイト



[2014/03/04 07:23 ] | 由奈さんとの共同セッション | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |