FC2ブログ
ちょいと不思議な話
ロッテは夢を見た

友人のお見舞いに行くのである

病室に入ると

彼女は元気そうであった



その友人とは

しばらく連絡を取っていないのに



その友人からラインがあった



身体は元気なのだが

精神的に疲れているとのことであった



あまり話せなかったが

こういうこともあるんだね


タロット占いランキング

スポンサーサイト
[2019/04/24 02:28 ] | 愛のテーマ | コメント(0) | トラックバック(0) |
彼氏ができるかどうか
彼氏ができるかどうかU様より

U様

お話は伺った

あなたのために

ケルト十字で

さあ行くぞ

IMG_4204.jpg

U様は

ご自身でしっかりと自立されているのですね

男をつくることに関しては

トラウマを

お持ちのようでございます



あせる必要はございません

男は色々

変態のおっさんも色々

プロ野球も色々

いたずら電話も色々

人生色々




U様へのカード

愚者


意味を申し上げますと

辛口御免!

あはは、あはは

の精神で


今のご状態は

あなたにとって

いい意味で楽だと暗示されています

詳細はご本人にお伝えいたしました


タロット占いランキング

[2019/04/22 03:58 ] | 愛のテーマ | コメント(0) | トラックバック(0) |
新しいご職場
新しい部に責任あるお立場で

配属になられたT様



女性でバリバリなさる方ですが

いくらバリバリ働かれても

男性社会のご職場ということもあり

今回も

心が折れそうな出来事が



T様

お話は伺った

あなたのために

ケルト十字で

さあ行くぞ


IMG_4198.jpg


ご苦労されていらっしゃいますね

ご自身は

お仕事を進めようとなさいますが

周囲が

メインのお仕事を任せてくれない

ということもあり


まだまだ攻防戦が続くと暗示


原因ですか

T様が女性だからという

ただこれだけのことです


詳細はご本人にお伝えいたしました


辛口御免!

少林寺に入門なさる

お気持ちで!





タロット占いランキング

[2019/04/20 23:56 ] | 職業 | コメント(0) | トラックバック(0) |
嫌なことは忘れていくものだと思う
嫌な思い出は

時間がたつと色あせていくかと思います


全部忘れることは無理だとは思いますが

変なしゅーきょーに勧誘したり

なんちゃらインチキ通貨を勧めたり

そのようなことを勧めてきた方と

戦うのも意識改革の一つです




ロッテの宅にも

にっこり笑って

「あなたも神の国になんちゃらこうちゃら」

ってきまっせ



そのたびに

「日本は神国である

したがって

あなたの神は必要はない」

と言い切る

それでもしつこい


以前

中華人民共和国の人のふりをしたらやな

中国語ができる人を連れてきた

敵ながらあっぱれである



この戦いは

終わらないであろう



以前

ナンパされたときも

中華人民共和国の人のふりをした

へたくそな日本語を装い

中国語を混ぜて

「私の夫、コックね

私も働く

あなたも働く


私の中国の家

揚子江の近く

パパとママと子供が中国にいる

私働くね、お金大事ね」

みたいなことを並べ立てた



この撃退法は

一方的に

言いまくるのがコツである

「(お金は中国語で銭(チエン))

チエン大事

あなたZuo工作(仕事をする)

わたし上工作(仕事に行く)

子供チエン大事」


適当に並べればよいのである


なお、相手も

ロッテのいいたいことを理解されたのであろう

「ガンバレ!」とお言葉を頂いた

謝謝である



このような戦いを続けていると

悪い思い出も色あせてくるでしょう


辛口御免!

まずは

落ち武者髪型で敵と

勝負をなさってください


ドア閉めや うらめしや


タロット占いランキング

なお、その際

ファビラスに

頭の中でかかる曲は

必ずこちらである



[2019/04/18 00:21 ] | 人間関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
彼女との今後
おつきあいをされていた彼女との別れに直しているS様

S様

お話は伺った


あなたのために

ケルト十字で

さあ行くぞ


IMG_4170.jpg


綺麗にお別れをされるよう

そしてお二人がよい道を行かれますよう


詳細はご本人にお伝えいたしました


辛口御免!

人生は綱渡り!

by Chiitan





タロット占いランキング
[2019/04/14 23:09 ] | 愛のテーマ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>